東京 当たる 復縁占い タロット&ヒーリング風水で3ヶ月以内に復縁が叶う秘密

東京 復縁タロット占い&風水&魔術で3ヶ月以内に復縁を叶える秘密

タロットで彼の気持ちや今後の展開をお伝えし受動ヒーリングで自動的に恋愛運を底上げし、縁結びヒーリングできっかけづくりをお手伝いします。さらにお出かけ風水でトリプルな最強開運体質へと導きます。

最強の浄化!心を強くするグラウンディングの秘密

読了までの目安時間:約 6分

 

月森 由奈です。

 

あなたも、ネガティブに考える癖が

どんどん減って、自分の運気を

コントロールしてラッキー体質に

なれますよ♪

 

他にも、

 

・人の噂に反応しなくなる

・悪口を言われても気にしなくなる

・彼の気持ちが気になって不安になる

 

などが減ります。

 

そして、

 

・根拠のない自信がつく

・良い運気を受けやすくなる

・ラッキー体質に変わる

 

などの効果を体感できます。

 

 

グラウンディングのエネルギーは、

人間として地球上で生きるために

必要な地球の真ん中から受ける

エネルギーです。

 

昔は普通に裸足や草履で

歩いていたので、わざわざ

グラウンディングしなくても

地球とつながることができました。

 

 

ハワイでは裸足で歩いている人が

今でも多いんです。

 

だからなのか、精神疾患罹患率が

低く、幸福度が高い傾向があります。

 

今は意識的にしないと、

 

『グラウンディング不足』

 

になりやすいです。

 

グラウンディング不足だと、

 

1.眠気がひどい

2.頭痛がする

3.気分の浮き沈みが激しく地に足がつかない

4.やたらネガティブになる

 

などの弊害があります。

 

そこで、今日から寝る前に

オススメなのが、

 

『グラウンディング瞑想法』

 

です。

 

この瞑想は、ヒーリングを

受けるよりも重要なワークです!

 

ヒーリングに興味を持っていて、

実際にエネルギーワークを受けると

多くの方は、おへそより上の

エネルギーが活性化し過ぎます。

 

おへそから下のエネルギーが弱いと、

眠くなったり、頭痛がしたり、

ネガティブになりやすくなります。

 

そして、おへそから上の

エネルギーが強くなればなるほど、

現実から離れやすくなります。

 

上と下のエネルギーは

バランスが保たれないと

問題が起きます。

 

つまり、おへそから下の

エネルギーが弱いと、

おへそから上のエネルギーは

頭打ちになっていまいます。

 

それ以上強くなりません。

 

つまり、引き寄せ力が

低下します。

 

だからこそ、おへそから下の

エネルギーを強化することが

引き寄せ力を高める「鍵」です。

 

おへそから下のエネルギーを

強化するエネルギーワークを

グラウンディングと呼びます。

 

グラウンディングとは、

地球のエネルギーと

しっかりつながることです。

 

具体的には、土の上の裸足で歩いたり

(アーシングとも言います)、

庭いじりをしたりすることは

強力なグラウンディングの1つです。

 

24時間ブロック解除や

クンダリーニレイキなどを受け、

強い眠気がおさまらないときは、

グラウンディングワークを

たくさん行って下さい。

 

しっかりと地球の

エネルギーとつながると

状態が落ち着いてきます。

 

そして、おへそから下のエネルギーが

強化されて引き寄せ力が高まります。

 

ここで強力なセルフグラウンディングの

手法をシェアします。

 

グラウンディング瞑想法
  1. 心を落ち着かせて、椅子に座り、目を閉じましょう。
  2. 足の裏から地球のエネルギーを吸い込むようなイメージで、息を大きく吸います。
  3. 足の裏から地球のエネルギーをおへそまでひっぱり上げます。
  4. 息を吐くとともに、不要なエネルギーは両足を通り、足の裏から地球へと流れます。地球は不要なエネルギーを浄化して新鮮なエネルギーへと変えてくれます。
  5. この深呼吸を3回ほど行うと、おへそのあたりが温かくなるのを感じるでしょう。
  6. 3回行ったら、普通の呼吸に戻し、様子を見ます。もしまた行いたかったら、3回グラウンディング深呼吸をして普通の呼吸に戻し、しばらく様子を見る
  7. これを繰り返してみて下さい。

 

上記の呼吸法をに加え、

休日は自然とたくさん触れ合って

ラッキー体質になりましょう!

 

ありがとうございました。

 

月森 由奈

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: